クレジットカード現金化の購入商品

こちらはクレジットカード現金化をする際の購入商品についてご説明いたします。クレジットカードの現金化というのは、ショッピング枠を利用して現金を作るわけなので、必ず何かを購入しなければなりません。

その購入する商品は、どういった現金化をするかにもよって変わってきます。また、どういった商品を購入するかでリスクやバレやすさなども変わります。

安全性の高い商品や換金率の良いものなどをご紹介いたしますのでご参考になさって下さい!

現金化業者を利用する場合の商品

クレジットカード現金化を業者で利用する際に購入する商品は色々な物が考えられます。

その中でも主に取り扱われているのが、

・ブランド品

・金券、チケット類

・情報商材

・パワーストーン

・おもちゃ

などがあります。

これは業者を利用する場合でも、買取方式とキャッシュバック方式で商品は変わります。

買取方式の場合

買取方式の現金化業者の場合は、まず商品価値が必ず高いものとなります。

それは利用者が購入した商品を実際に買取をするわけなので、商品価値が高いものでないと意味がないからです。

そういった点も考慮するとやはり主流は、ブランド品やチケット類です。

買取方式の現金化の詳細については下記をご覧ください。

関連記事

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法や種類はいくつかあります。 その中で大きく2つに分けると、『キャッシュバック方式』と『買取方式』です。 これは自分で現金化をやる場合や現金化業者を利用する場合も業者によってやり方は違[…]

ブランド品

ブランド品

まずブランド品の場合はシャネルやルイ・ヴィトンやエルメスなどの有名ハイブランドのバッグ・財布などが多いです。

その理由として、やはり需要が多いので中古品・新古品でも換金率が良いという点と有名ブランドだと在庫の数が圧倒的に多いのでいつでも売買ができるという点になるのではないかと思います。

またブランド品をインターネットでクレジットカード決済をするというのはごく普通のことであって、カード会社から変に疑われるリスクも少ないといのもメリットです。

金券・チケット類

商品券

金券・チケット類ですが、これはブランド品を扱っている業者に比べると減りますがこちらも主流です。

具体的に一番多いのは、アマゾンギフト券です。

アマゾンギフト券というのは、アマゾンで利用できる割引券のようなものです。

こちらのメリットとしては、やはり換金率が高いということにつきますね。手数料など全て込みにしても90%以上はかたいです。

ただ、もちろんデメリットもあり、換金性の高い商品というのはカード会社も分かっていますのでバレるリスクは高いです。それは高額になるとさらにそのリスクは上がるのでその点は要注意ですね。

キャッシュバック方式の場合

キャッシュバック方式の現金化の場合は、買取方式と真逆で商品価値は出来る限り低いものでやりたいと業者は思っています。

それはキャッシュバックの場合、商品を購入してくれたおまけで現金を渡す流れとなるので、その商品も利用者の手に渡ります。

業者は現金と商品を渡すことになるので、商品は出来る限り原価の安い物でやっているところが多いです。 おそらく数円~数十円で用意できてしまう物がほとんどだと思います。

そしてもうひとつの共通点は、“価値が不透明な物”がほとんどです。

価値が不透明というのは、個々によってその物1価値が1円の場合もあれば、100万円の場合もあるというように大幅な違いが出てくる商品です。

ではなぜキャッシュバック方式の場合、商品の価値が不透明な物が多いのかと言うと、これは『クレジットカード現金化の方法』でも少しご説明していますが、実際価値の低い物を高額で販売するのは違法となる可能性があるからです。

なので、出来るだけ商品価値が不透明で原価は安い物が多く取り扱われているようです。

具体的な物でいうと、

・情報商材

・パワーストーン

・おもちゃの指輪等

などが良く扱われている商品です。

情報商材

CD

情報商材というのは、例えばCD-ROMが送られてきてそこに画像データが入っているというようなものです。形がある物を売るというわけではなく、データや情報を売る形となります。

データや情報は価値が不透明で、個々によってそれぞれ価値が違うということで価格はいくらでも付けやすく、高値でも取り引きされる場合が多いです。

パワーストーン

パワーストーン

上記の情報商材と同様のことが言えるのがこのパワーストーンです。

特別なおまじないがしてあるとか、ここで採れた石のパワーは凄い、などいくらでも理由付けができるので、パワーストーンや水晶玉も価値が不透明な物となります。

自分で現金化する場合の商品

自分でクレジットカード現金化をする場合の購入商品は多数考えられます。というかぶっちゃけ商品はなんでもいけますね。

ただ、換金率が良い悪いはあるので、その中でもよく現金化に利用されている商品をご紹介いたします。

・ブランド品

・新幹線の回数券

・家電・ゲーム

以上の商品が主流になってくるのかと思います。

ブランド品

財布

ブランド品の場合は現金化業者と同じで、有名ハイブランドの財布やバッグなどになります。

ここで、ブランド品を買って現金化する際の注意点ですが、まず個人の売買だと購入した時点で中古品扱いになり、買取金額が大幅に下がってしまいますので気を付けて下さい。

打開策としては、購入する前に質屋のホームページや直接問い合わせて、今どういった商品が人気で買取金額が良いのかを確認しておいた方が良いです。ブランド品は毎年人気商品が変わり、買取価格も大きく変動ので注意が必要です。

新幹線の回数券

チケット

新幹線の回数券は自分で現金化を利用する方が多く購入している商品です。換金率も良く、駅などで手軽に購入できるので利用している方が非常に多いです。

ただこちらも注意点があり、アマゾンギフト券と同じで新幹線の回数券は需要が高く買取額も良いことをカード会社も把握していますので、あまりに購入回数が多い場合や一度に大量購入や高額で購入してしまうと現金化を疑われるケースがあります。

もしそうなってしまった場合、カードに色々な制限をかけられてしまったり、最悪の場合は利用停止で強制退会させられるケースというのもあるのでこれは本当に注意が必要です。

家電・ゲーム

ゲーム

その他、家電やゲームを購入して現金化をする方法もあります。

具体的な商品は、これも毎年人気商品は変動するので、調査が必要です。

今の時期ですとゲームであれば、Nintendo SwitchPlayStation4などが比較的人気で買取額も良いです。

家電などは売り先が少なく限られてくるので、他の商品と比べると換金率はあまり良くありません。現金化目的とした場合の商品としては不向きですね。

クレジットカード現金化の商品まとめ

・ブランド品のバッグや財布
・アマゾンギフト券
・データや情報商材
・パワーストーン
・おもちゃの指輪等
・ブランド品
・新幹線の回数券
・家電、ゲーム

クレジットカード現金化する際の購入商品についてご説明いたしました。

商品によってのメリットやデメリットなどがお分かりいただけたのではないでしょうか。

やはり現金化業者を利用して現金化をする際には、どのような商品を扱っているのか事前にしっかり確認した方が良いですね。

自分で現金化する場合も、リスクなどしっかり考えて、いかに損なく現金化するかが大きなポイントになるかと思います。

初めての方や詳しくない方は、クレジットカード現金化の購入商品をそこまで気にしていない場合が多いと思います。

ですがどちらの場合の現金化も、”購入商品”というのはやはりすごく大きなポイントで、どういう商品を購入するかで換金率やリスクも大きく変わってきます。

クレジットカード現金化の利用を考えている方は、購入商品というのを気にしてみて下さい。

最新情報をチェックしよう!