クレジットカード現金化とは?

皆様はクレジットカード現金化と聞いて、どういったものを想像されますか?

ひと言にクレジットカード現金化と言っても全く知らない方は何のことだがさっぽり分からないと思います。

現金という言葉が入っているので、お金のことだなということは分かると思いますがそれ以上はよく分からないですよね。

シンプルに言ってしまえばクレジットカード現金化とは、

”クレジットカードを使って現金を作る” ということになります。

逆に少し内容を知っている方は、なにか悪いことをするのではないかと勘違いされている場合も多いと思います。

そういった不安をなくすためにクレジットカード現金化のやり方や種類、利用するリスクやそもそも犯罪なのか?という点について誰でも分かるよう簡単に詳しくご説明していきます。

現金化にはショッピング枠が必要!

クレジットカードの現金化とは、急な出費にとても便利な資金調達方法です。​

持っているだけですごく便利なクレジットカードですが、突然の冠婚葬祭や忘れていた代金引換郵便など、現金払いでしか対応できないものも多々ありますよね?​

そんな時に重宝するのがこのクレジットカードのショッピング枠の現金化なのです。​

クレジットカードには、”ショッピング枠”と “キャッシング枠” という2つの枠があります。​

それぞれまったく意味合いの違うもので、キャッシング枠に関してはそれ自体がないカードも存在します。その場合ショッピング枠での利用しか出来ません。

キャッシング枠

キャッシング枠はカード会社からお金を借りることのできる枠です。キャッシング枠が10万円あれば10万円までお金を借りれます。

事前にクレジットカード会社が審査をすることによって、即日で限度額いっぱいまでお金を借りることが可能です。

事前に審査というのは、クレジットカードを作る際にキャッシング枠を付けるか付けないか選ぶことができて、そこで希望した場合審査されて付帯されるという流れです。

当然、キャッシング枠の審査に落ちてしまった場合はキャッシング枠はないのでキャッシングの利用はできません。

登録の銀行口座に直接入金してもらったり提携のATMなどで利用できます。

お金を借りるということなので簡単に言えばキャッシングは借金をするのと同じとなります。​

ショッピング枠

こちらのショッピング枠はキャッシング枠のようにお金を借りることはできませんが、現金を使わずに物を購入したり、様々な支払いに利用することができます。

後払いで買い物や支払いが可能ということになります。

今の時代、どこでもなんでもクレジットカードは使えるようになったので、クレジットカード払いがメインの方には、このショッピング枠がお財布代わりとなりますね。

ショッピング枠内であれば現金を持っていなくもいくらでも利用できるので非常に便利な反面、使いすぎにも注意しなければなりません。

一概には言えませんが、基本的にはキャッシング枠よりショッピング枠の方が金額は多く設定されています。

なのでこちらのショッピング枠を利用している方が多いのではないでしょうか。​

クレジットカードの現金化というのは、お金を借りるわけではないのでキャッシング枠ではなく、お買い物や支払いに利用できるこのショッピング枠を使います。

使い切れていない余っているショッピング枠を現金化して、急な出費にも対応できるとても便利なサービスです。

ショッピング枠を現金にするには?

実際にショッピング枠を現金にするにはいくつかの方法があります。​

まずひとつは、自分で換金率の良い商品を見つけて、質屋さんや個人売買などで買い取ってもらい転売をして現金化する方法です。​

この方法は実際に自分で商品を探して購入し売却するという作業が必要で、とても時間と労力がかかります。

そして換金率の良い高額な物(新幹線のチケットやアマゾンギフトなどの金券類)をクレジットカードで買うとカード会社から連絡がきて色々と確認されたり、最悪の場合は現金化目的の使用を疑われてクレジットカードが停止になる場合も少なからずあります。​

ましてや、買ったものが思い通りの換金率で買い取ってもらえる保障なんてどこにもないので、はっきりいって効率が悪いです。​

そこで頼りになるのがプロの現金化業者です!

お金を借りるわけではないので利用するのに面倒な審査もないですし、前述したような労力もかかりません。

免許証などで本人確認さえすれば、あとはすべて業者がやってくれます。

その分、自分でやるより手数料がかかるのでは?と思う方もいますが、自分個人で商品を売却するより業者間の方が良い換金率で売却ができます。

 
なぜなら業者間では長年の付き合いがある場合がほとんどですし、大量の商品を扱っているので個人利用では適用されない色々な割引きがあるからです。

なぜなら業者間では長年の付き合いがある場合がほとんどですし、大量の商品を扱っているので色々な割引きを受けられるからです。

ですので、仮に業者の手数料を入れたとしても自分でやるよりも労力がかからず良い換金率で現金化ができるんです。

相場としては、80~90%前後の換金率でやられてる業者が多いようですが、優良業者であれば90%以上もあるようです。前述のような労力もなく現金化が手元に来れば、急な出費の時にはやはり心強いですね。

クレジットカード現金化の種類

それでは次にクレジットカード現金化の種類やそのやり方などを解説していきたいと思います。​

これは、利用する業者によっても方法は異なってきます。​

同じクレジットカード現金化でも、お店や業者はたくさんあり、やり方や種類なども様々です。

それぞ色々な現金化の手法をそれぞれご紹介していきたいと思います。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式の現金化とは、”キャッシュバック”という文字どおり何かを購入してくれたらそのおまけでお金をあげますよ、というものです。

業者が指定している商品を購入して、その商品についているキャッシュバック機能を利用して現金化する方法です。なので商品を購入しただけで、特典として現金がもらえるというような内容になります。

キャッシュバックという言葉を街でもたまに見かけることないですか?よくパソコンや携帯を購入と同時にインターネットに加入すると三万円キャッシュバックっていうキャンペーンとかありますよね?

あれと全く同じで、景品表示法で定める景品の一つとして現金をキャッシュバックするいうものです。

買取方式

買取方式の現金化は、購入した商品を売って現金化するというすごくシンプルなやり方です。

使わなくなった物をメルカリヤフオクで売って現金を手にするのとなんら変わりはありません。

その買ったり売ったりするのを現金化業者が全てやってくれるのがこの買取方式のクレジットカード現金化です。

買取り方式の中にも細かくいうといくつか種類があって、自社で販売・買取どちらも行っている業者と買取のみ行っている業者や買取専門業者を介している業者などがあります。

ただいずれにせよ、基本的に利用者がやることは特にありません。

指定された商品を購入してそれを売って現金を作るというだけの内容です。

他にも現金化の手法はあるのですが、クレジットカードのショッピング枠の現金化業者の主流は上記の2ケースが多いようです。

こちらの二つの現金化方式については、『クレジットカード現金化の方法』でもっと詳しく解説していますので是非ご覧ください。

クレジットカード現金化総合ランキング

クレジットカード現金化は犯罪?

クレジットカード現金化と聞くとなぜか悪いことをしているように感じる方も少なからずいる思います。

犯罪行為なのではないか?と思う方もいらっしるようですが、​このクレジットカードのショッピング枠現金化という行為については違法性は全くなく、犯罪行為として定めている一切法律ありません。​

それもそのはずですが、実際にお買い物をしてその買った商品売って現金を作る、もしくはキャッシュバックの特典をもらっているだけなので、カード現金化を利用しただけでは逮捕されることは絶対にありません。

ただ、一部の悪質な業者が詐欺的な行為を働いたり、闇金融業者が現金化業者を装って貸付行為をしているケースなどがまれにあります。​

そういったごく一部の悪質業者の情報がニュースなどで報道されてクレジットカード現金化そのものを悪いイメージにしてしまっているのが現状です。​

実際には闇金融などとは全く別業種であり、クレジットカード現金化は貸金業ではないので関わりなど一切ありません。​

どちらにしろ利用者が逮捕されるということはありませんのでご安心下さい。

クレジットカードの現金化業者はきちんと会社として登記をしている業者が多く、法人として営業をしています。​

法人として登記ができる業種と考えれば不安も少しなくなるのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!