クレジットカード現金化の換金率を良くする方法!

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際には、換金率というものがあります。

支払う金額と貰える金額に必ず差額が発生します。

これは何をするにも、サービスを利用したとしてその対価を払わなければならないというのは当たり前の話しではあります。

ただの差額を少しでも少なく、換金率をどうにか良くしたいと思うのが普通だと思います。

ですが、現金化業者もビジネスでやっているので、いかに利益を上げるかを考えています。

なのですぐには良い換金率で利用させてくれないものです。

では少しでもお得にクレジットカード現金化をするためには、どのようにすれば良いでしょうか?

初めての方や毎月利用されている方も、今より良い換金率にできる方法をご紹介いたします。

まずはシンプルに交渉をしてみる

この方法が一番簡単ですが、一番難しい方法でもあります。

利用者の口コミや比較サイトを見ると現金化業者によって換金率が大きく違うのがよく分かると思います。​

各業者のホームページをみても表記されている換金率は異なります。​

最大90%のところもあれば、98%のところもあります。

ただこれはあくまで最大値であり、平均ではありません。何百万も利用して初めてこの換金率になるというものです。

一般の方が利用できる金額の実質換金率は、だいたい60%~80%くらいが多い印象です。​

この20%を損しないように現金化するためにまずは業者と交渉をする必要があります。​

値切ったりするのが苦手な方も多いと思いますが、電話やメールで顔を合わせずに話が進められますので気軽に交渉した方が良いでしょう。​

一番お勧めできる方法は、比較サイトで換金率の良い業者を何件かピックアップして問い合わせをします。​

何社か比較しているということを必ず業者に伝えて、実際にクレジットカードでいくら使ったらいくら振り込まれるのかをきちんと聞きます。​

ここで換金率が悪い業者には他社の換金率を伝えて、そこの業者より良くできないか?と交渉をした方が良いでしょう。

まずこの方法でほとんどの業者が、初めに提示してきた金額より良い換金率にしてくれると思います。​

これを何社か繰り返すことによってより良い換金率でクレジットカード現金化をすることが出来ます。​

すごく単純な方法ですが、こんな簡単な交渉ひとつで大きく変わる場合もあります。

意外とみんなこんなもんかということで言い値で利用しがちですが、良い換金率で利用したいのなら面倒くさがらずにしっかり交渉しましょう。

ただ、良い換金率で現金化をする事だけを考えればこれでも良いでしょうが、クレジットカード現金化する際にはクレジットカードの番号、身分証明書、銀行口座などの個人情報を提出しなければなりません。

大切な個人情報なので安心して利用できるということも加味して、交渉した時に対応の悪い業者は換金率が良くても候補から外した方が良いですね。

業者のSNSやHPのキャンペーンを利用する

他の方法としては、業者によって随時キャンペーンを行っていることがあります。

このキャンペーン期間を狙うというのもひとつの手だと思います。​

月間キャンペーンや週間キャンペーン、女性限定のキャンペーンなども実施している業者もあります。​

キャンペーン内容は業者によって異なりますが、ホームページやSNSなどで確認できると思います。​

直接電話で問い合わせてもキャンペーン情報の詳細などは教えてもらえないと思いますので、事前にチェックをしてから問い合わせをした方が良いかと思います。​

FacebookやTwitterを見た!

で換金率UPなどの業者もありますので、SNSのチェックも忘れず行ってください。​​

これをやるだけで換金率が5%~10%変わる場合もあります。​

仮に10万円の申し込みをして換金率が80%だった場合、通常は入金が80,000円のところ、キャンペーン適用でこれが85,000円や90,000円に上がるということになります。​

​金欠のときの5,000円や10,000円は非常に大金ですよね。是非試してみてください。

利用するクレジットカードブランドを変える

クレジットカードには国際ブランドというものが付帯しています。

VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナース、銀聯などが国際ブランドです。

実はこのブランドによって換金率が変動する場合があります。

これはなぜかというと、現金化業者は決済代行業者と契約をしてカード決済ができるようになっています。これはどこの業者も同じです。

その契約している決済代行業者にもよるのですが、カードブランドによって決済代行業者に支払う手数料が変わる場合があるのです。

しかも10%以上変わるなんてこともあるので、その関係で換金率にも影響するケースも多々あります。

VISA・Masterの場合

この二つのカードは基本的にセットの場合が多いです。

セットというのは手数料が同じということです。

そして基本は一番手数料が安いカードブランドになります。

ですので、換金率を少しでも良くしたい場合はVISA・Masterがおすすめです。

ただ、例外もあって全てのカードが当てはまるわけではないのでそこは注意して下さい。

JCBの場合

こちらのJCBカードは基本決済手数料が高いことが多いです。

なので、換金率は少し悪くなってしまうこともあります。

なぜJCBが高いのかというと、現金化業者は基本的に海外サーバー決済を利用しているので、日本ブランドのJCBはどうしても手数料が高くなってしまうのです。

AMEX・ダイナースの場合

こちらの二つはそもそも取り扱っている業者が少ないです。

最近はだいぶ増えましたが、それでも上記の三つに比べると大きく減ります。

そしてこちらも決済手数料は比較的高いです。

そもそも扱っている決済代行業者自体も少なくなるので、自ずと手数料は高くなってしまいます。

銀聯の場合

こちらの中国発行の銀聯カードは現金化で利用できないことが多いです。

というか通常のクレジットカード現金化業者で取り扱っているところはひとつもないと思います。

こちらの銀聯でどうしても現金化をしたい場合、アマゾンギフト券は購入できるので、アマゾンギフト現金化という形になります。

クレジットカード現金化の換金率を良くする方法まとめ

クレジットカード現金化の換金率を良くする方法についてご紹介いたしました。

ご紹介した方法を実践すれば、ほぼ間違いなく換金率は良くなると思います。

実践する順番としては、

①ホームページやSNSのキャンペーンをチェックする

②直接メールか電話で交渉をする

③複数枚カードがある場合は利用カードを変える

といった形で行えば、最初よりお得にクレジットカード現金化ができるかと思います。

そしてこれはもちろん何社か試した方が良いです。

ひとつ業者だけではそのときの相場が分からないので必ず何社か比較して下さい。

資金調達なのでもらえるお金は多いにこしたことはないと思いますので、手間を惜しまず損のないようにクレジットカード現金化をしましょう。

換金率ランキングTOP3

  • あんしんクレジット
    4.5

    クレジットカード現金化換金率ランキング第1位は、あんしんクレジットです!
    こちらのあんしんクレジットは、大口高額利用のUP率が非常に良く、優遇してくれます。また、今なら利用した人全員にもれなく換金率5%UPクーポン券のプレゼントキャンペーンもやっているのでお得にクレジットカード現金化を利用したい方にはおすすめです。
    老舗業者で実績も豊富なあんしんクレジット、気になる方ぜひチェックしてみて下さい。

    換金率 5
    高額利用のUP率 5
    キャンペーンUP率 3.5
    総合平均点 4.5
  • ライフパートナー
    4.1

    クレジットカード現金化換金率ランキング第2位はライフパートナーです!
    ライフパートナーの最大換金率は98%で非常に優秀です。さらに新規キャンペーンを常に行っているので、+1%してもらえます。キャンペーンを適用されるとこれ以上の換金率はないというところまでいってしまいますね。実際に利用しましたが、通常経費以外の手数料は一切かかりませんでしたので優良店だと思います。
    利用金額に応じて換金率は変わり、高額利用の場合だとしっかりUPしてくれます。

    換金率 4.5
    高額利用のUP率4
    キャンペーンのUP率 4
    総合平均点 4.1
  • 和光クレジット
    4

    クレジットカード現金化換金率ランキング第3位は、和光クレジットです!
    和光クレジットは通常の換金率も良いですが、キャンペーンのUP率に特化していて毎回お得に現金化が利用できます。30万円以上の利用は91%保証キャンペーンに加え、抽選で現金5万円プレゼントなども実施しています。
    土日祝日も営業しているので平日忙しい方にはうってつけの優良業者です。

    換金率 4
    高額利用のUP率4
    キャンペーンのUP率 4
    総合平均点 4
最新情報をチェックしよう!