クレジットカード現金化するには何が必要なの?

初めて利用する方はクレジットカードを現金化する際、何が必要なの?という疑問がでてくると思います。

まず本人確認というのは必要となります。

これはどの現金化業者も必ず行っています。逆に本人確認をしない業者があれば危険だと疑って下さい。

現金化業者も他人の不正使用などを未然に防ぐために行っています。

では、その本人確認作業に必要なものは何かというのをこちらのページでご紹介していきたいと思います。

本人確認以外にも必要なものはありますので、そちらも併せてご説明いたします。

必要書類は現金化業者によって異なりますので、ぜひこちらを参考になさって下さい。

クレジットカード現金化必須書類

まずはどの現金化業者でも必ず必要になるものをご紹介していきます。

本人確認の際の身分証、利用するクレジットカード、現金を振り込んでもらう銀行口座などなど必須書類は色々とあります。

逆にこれがなければクレジットカード現金化は利用できないと思ってもらっても結構です。

身分証明書

利用する際、最初に本人確認が必要となるので身分証明書の提出が必要となります。

まずこれがなければ利用は絶対にできません。

では、どんなものが身分証明書となるのかというと、これは正直業者によって変わります。

ただ基本的には、以下のものがあれば問題ないのかと思います。

・運転免許証

・マイナンバーカード

・パスポート

・保険証

・住民票

・住民基本台帳カード

・学生証

・在留カード

注意点もありまして、顔写真付きの身分証でない場合や住所が手書きの物だともう1点何か要求される場合はあります。

例えば、保険証の住所が裏面に手書きの場合や住民票しかなくて顔写真がない場合です。

その場合は要求された別の物を提出するか、それだけでも利用できる業者を探すしかありません。

色々提出するのは不安な方も多いとは思いますが、逆にいえばその業者はしっかり本人確認を行っているということにもなるので、あまり悲観する必要はありません。

クレジットカード

クレジットカード現金化を利用するのでこれがないとはじまりません。

色々なクレジットカードがありますが、利用できるカードというのはこれもまた業者によって異なります。

VISA、Master、JCBであればどこでも利用できる可能性は高いです。

逆にアメックスやダイナースは利用できない業者もあるので注意して下さい。

そしてクレジットカードを提出する際、写真かFAXなどで業者に送るのですが、表裏の両面を要求される場合もあります。

裏面はセキュリティコードという非常に大切な3桁の番号が記載されています。

勘違いしてほしくないのが、 裏面を要求されたからといって悪質な業者と判断してしまう方もいますがそれは大きな間違いです。

詐欺や偽造のクレジットカードではないかということを確認するためには裏面も必要なのです。

ですが、裏面のセキュリティコードの取扱い自体には注意が必要なので、現金化業者へ送付したあとは自分の携帯やコピーからはすぐに削除しましょう。

また、クレジットカードの番号だけを控えたり、暗記していて手元にカードを用意していない人も中にはいると思います。​

ですが、その日に撮影した写真やFAXが必要となるケースもありますので、現金化を利用する際は必ず手元に置いておくのがベストでしょう。

銀行口座

クレジットカードの現金化の入金はすべて振り込みです。

なので、銀行口座がなければ現金化は利用できません。こちらも必ず必要となります。

基本的には、自分名義の銀行口座であればどこの銀行でも構いません。

まれに、自分名義の口座じゃなくても振り込んでくれる現金化業者もありますが、基本は自分名義じゃないとだめです。

仮に家族や兄弟の口座でいけたとしても、その方の本人確認も必要となるので通常よりも提出する書類は必ず増えてくると思います。

持っていない人の方が少ないとは思いますが、自分名義の銀行口座は用意しておくのが良いでしょう。

自分名義の口座ならどこでも大丈夫だとお話ししましたが、時間帯によっては当日入金できない場合もあるのでそこは注意して下さい。

モアタイムシステムの導入によって、ほとんどの銀行が15時以降でも当日入金できるようになりましたが、まだできない銀行も少なからずあるようです。

自分の持っている銀行ができるかどうかは、下記の全国銀行資金決済ネットワークのホームページにて確認してみて下さい。

金融機関相互間の内国為替取引をオンライン処理する「全銀システム」を運営する、一般社団法人 全国銀行資金決済ネットワークの…

業者によって必要な場合もある物

次に、必須ではないものの、業者や場合によっては必要となる書類をご紹介していきたいと思います。

基本的には上記のものがあれば問題ありませんが、まれにプラスで下記の物の提示を求められるケースも少なくありません。

特に、顔写真付きの身分証がない場合、法人カードの場合、高額利用の場合などは必要になる可能性が高いので参考になさって下さい。

公共料金の領収書

こちらは、身分証の住所が手書きの場合に必要なるケースが多いです。

保険証などの場合、裏面に手書きで住所が書いてあることがあります。

その場合に現住所の確認として、住所が手書きではなく印字されている書類が必要です。

基本的には、公共料金の領収書を要求されることが多いと思います。

 
もし公共料金の領収書がない場合、現住所が印字されている案内のはがきや通常の郵送物でもやってくれる業者もあるので聞いてみると良いと思います!

社員証や名刺

こちらは、法人カードを利用する場合に必要になることがあります。

実際にその会社の人間なのか、経営者の場合は本当に代表なのかというのを確認するためです。

社員証などがそもそもない会社もあるので、その場合は名刺で問題ないかと思います。

ただ、顔写真付きの身分証が必要で社員証の提示を求められるケースもあるので、その場合は名刺ではもちろん代用できません。

顔写真

こちらも高額利用の場合や顔写真付きの身分証がない場合などに提出を求められるケースがあります。

顔写真を送れと言われたらなんとなく抵抗がある方も多いとは思いますが、クレジットカード現金化はお金が絡んでいますし、電話だけでの手続きなのでこういった形の本人確認も必要になってくることもあります。

単純に身分証とクレジットカードだけだと、例えば落とし物の財布に両方入っていた場合、手続き出来てしまうことになるのでそういった不正使用を防ぐためでもあるのです。

業者によっては、身分証を手に持った状態で身分証と一緒に顔写真を要求される場合や写真を今撮ったということが分かるように時計と一緒に撮るように言われる場合もあります。

偽造カードでの利用や他人の不正使用を防ぐためにこういった顔写真での本人確認も必要なのかもしれません。

クレジットカード現金化に必要な物まとめ

クレジットカード現金化の利用に必要な物をご説明していきました。

・身分証明書

・クレジットカード

・銀行口座

・公共料金の領収書

・社員証や名刺

・顔写真

以上の物が揃っていれば問題なくクレジットカード現金化が利用できるでしょう。

ただ、こればっかりは業者によって変わりますので問い合わせの際に確認するのが良いと思います。

いずれにしろ、これだけ大切な個人情報をクレジットカード現金化業者に送付することになりますので、きちんと取り扱いをしてくれる業者でクレジットカード現金化をするようにしましょう。

下記のクレジットカード現金化口コミランキングで優良店をご紹介していますので、是非お役立てください。

関連記事

クレジットカード現金化研究所が独自の研究結果からおすすめする、クレジットカード現金化口コミランキングです! 現金化業者を探す際に、皆様はどういった点を重視しますか? 今回は"口コミ"ということで、実際の利用者の声やインターネッ[…]

口コミランキング
最新情報をチェックしよう!