クレジットカードの支払いの延滞には注意!

クレジットカードは非常に便利な反面、あと払いということから使いすぎてしまうことも多々あるかと思います。

そういった方のためにリボ払いや分割払いがあり、無理のないように支払いができる仕組みになっています。

ですが、それでもなお支払いが遅れたりしてしまうと取り返しのつかないことになりかねません。

クレジットカードの支払いを延滞するとどうなるのか?

また、その支払いをずっとしないままにしておくとどうなってしまうのか?

という点についてご紹介していきます。

信用情報機関に情報が載ってしまう

みなさんが利用しているクレジットカードは信用情報機関に登録されていて多くの会社で共有されています。

年収はどのくらいあるか、支払い状況がどうなっているか、過去にトラブルはあるのか、などの情報が一定の期間登録されています。​

その他にクレジットカードの新規申し込み状況や契約期間なども細かく登録されています。

クレジットカードを新しく作る時やお金を借りる時、そしてローンを組む時などの審査が必要な場面で信用情報機関は多くの企業に利用されています。​

審査をする際に、全ての基準になるのがこの信用情報機関です。

この情報を基に審査が行われ、各企業はこの人物にクレジットカードを発行して良いのか、お金を貸して大丈夫か、などのことを判断します。

皆様一度くらいは、ブラックリストという言葉を聞いた事があると思います。

良いものではないということはなんとなくお分かりだと思います。

ただ勘違いしている方が多いですが、このブラックリスト実際には存在しません。​

ブラックリストという物があるわけではなく、信用情報機関に支払い延滞などの 『事故情報』が載ってしまっている状況のことを俗にブラックリストに載っているというように言います。

ですので、クレジットカードを使用してその支払いを延滞してしまうと信用情報機関に記録が登録され、俗にいうブラックリストに載ってしまう可能性があるということになります。

信用情報機関は3つある

信用情報機関は大きく分けて3つあります。

この3つの違いは取り扱っている情報の種類がそれぞれ異なります。

クレジットカード会社や銀行は日本に何百とあり、それをひとつの団体で全て取り扱うのは非効率なので、部門ごとに分かれているようです。

ただもちろん3つはそれぞれ情報を共有しているので全て繋がっています。

ひとつの機関にしか事故情報が載っていないからまだセーフとかそういうことは一切ありません。

細かく分けるともっとたくさんの協会や団体があるのですが、主に3つの機関で情報が保管されている形となります。

割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)

まずCICとは、クレジット会社の共同出資により設立された、主に割賦販売や貸金業の消費者ローンなどのクレジット事業をやっている企業を会員とする信用情報機関です。

経済産業省から指定を受けている信用情報機関はCICだけです。

なので情報量も3つの中では一番多いです。

このCICは、 主に消費者金融や信販会社系で登録された企業の情報を取り扱っています。

有名なところだと、アコム、アイフル、プロミスやセゾン、オリコ、JCBなどの情報がこのCICで保管されています。

CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・安心・高品質なサービスを提供することにより…

日本信用情報機構(JICC)

そして次に、日本信用情報機構、通称JICCについてですが根本的にはCICと同じで信用情報を管理、提供する会社です。

​JICCは、消費者金融や銀行などの幅広い分野の企業が登録しています。

ただ銀行に関しては、メガバンク(三菱UFJやみずほなど)は加盟しておらず、ネットバンクや地方銀行が中心となっているようです。

こちらはどちらかといえばクレジットカードの情報というよりは、ローンや消費者金融など情報が多いのかなと思います。

日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の管理・提供を通じて、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える指定信用情報機関で…

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センター、通称KSCですがこちらも先の2社と同様、クレジットカードや消費者ローン事業を行っている企業向けに作られた団体になります。​

KSCは、 名前の通り銀行のみの情報を基本的には取り扱っています。

なのでほとんどのクレジットカード会社は加盟していません。

ただその中でも、アメックスや銀行から発行されているカードなど情報は取り扱っているようです。

そして銀行に関してはメガバンク、地方銀行、ネットバンクや信用金庫、労働金庫、JA農協などほとんどが加盟しているようです。

一般社団法人 全国銀行協会

全国銀行個人信用情報センターは消費者信用の円滑化等を図るために、一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報…

支払いの延滞まとめ

クレジットカードの支払い延滞に注意という点についてご説明いたしました。

若気の至りや安易な考えで、支払いを踏み倒す人がいますが後で何倍にもなって自分に返ってきます。

事故情報が一度でもその情報機関に載ってしまいますと消えるまでに凄く時間が掛かります。​

支払いの遅れの場合は延滞を解消した日から、最高5年間は消えません。

任意整理、特定調停、個人再生の場合は5年から10年は記録に残ります。​

そしてもちろんスマートフォンの分割での購入や車のローン、家のローンも組めません。

なので絶対にクレジットカード支払いは規約に則ってきちんとしましょう。

クレジットカードを現金化する時には支払いの事をまずよく考えて、リボ払いや分割払いを上手く利用して賢く現金化し、過度の利用には十分に注意しましょう。

最新情報をチェックしよう!